972年7月、組織を去ることを祝うための自然な帯水層の外出で、私は私の首長によって膣内射精を続けています。西村ニーナ

私は新卒の時から働いていた会社を辞めることにしました。お祝いを祝うために、部内の全員が別れのパーティーを兼ねた温泉旅行に来ました。入社以来お世話になりましたが、旅行の準備をしてくださった松尾事務局長に感謝いたします。そして、夕方の宴会では、飲み過ぎて、気が付かないうちに酔っ払っていたようでした…当時、今回の旅が部長の企画旅だとは気づかなかった…。

0 眺望

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。