976年7月、彼女は絶えず絶頂させられ、彼女の子供の仲間と野生のオルガスムセックスをしました…小早川怜子

レイコのブームは鍋で、息子の友達に食べるのが好きです。ある日、息子の友達のコウスケがグラマラスな体にくっついているのに気づいたとき、軽い気持ちで拾おうとした。 1、2発で全く衰えなかった比類のないジポーでした!何度も射精を繰り返しても終わらないコウスケにレイプされ続けるレイコ。その後毎日訪れる彼との比類のない交尾で彼女の体は限界を超えてしまう。

0 眺望

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。